読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動して痩せちゃダメ

イメージ 1

(ちょっとペースが早いのが気になる)

ひとそれぞれ、ご意見もあろうかと思いますが。あえて私はこういいいたい。「運動して痩せちゃダメ」

ダイエットの理由
ケーキの食べすぎと、昼食がパン食に変えたのですが、量が多かったのもあり、
数ヶ月で4kgも太ってしまいました。ただいま、ダイエット中です。

4kgの脂肪を実感しよう
4kgくらいと簡単にいいますが、脂肪だとすると、目の前に、2L入りのペットボトルを
おいて、これ二つ分がおなか周りについたんだと思うとかなりのものがあります。
おなかに線が入ってしまうわけです。


カロリー計算で理論的にやせられる
おばちゃんとがが、「太る人は水呑んでも太るから」
みたいなこといってますが、はっきりいってありえません。

人間の場合、点滴とかは別にして、基本的に口から
ものを入れる以外にカロリー摂取する方法ないですから、
ある意味、体に入ってくる全カロリーの計算するのは簡単です。


運動or食事制限

さてカロリーの差し引き(入ってくるカロリー - 出ていくカロリー)をマイナスにする方法
には、食事の量を制限する方法と、運動によってカロリーを消費する方法とが
あるわけですが、

毎日何時間も運動できる人は別ですが、運動でやせるというのは、あまりにも効率悪いのでパスです。

だいいち、仕事から帰ってきて、しんどいのに毎日それから1時間もジョギングできますか。
しかもそれで、消化よくなっておなかが減ったとか、ご飯が進むようになったとか
いって食べる量を増やしたら何の意味もありません。しかも、ダイエット完了後
運動量をもとに戻すと、食事の量もへらさないといけないので、こりゃまた大変です。

1時間走ってもたった400キロカロリーそこそこ。
とくに、一時間も走って(体育の授業でもそんなに走り続けたことないのに)、山に登るとかならともかく、
上ったものだけが見える特別な景色があるわけでもないのに、単に走るなんて面白くない。

毎回の食事のカロリーを1/4減らすように献立を変えるほうがよっぽど楽。
ということで、私のダイエットは基本的に食事のカロリーをきちんと測って食べるという方法です。

食事制限の注意点
朝は食べますが、しっかりなんて摂りません。
「あさは一日の活動の源だからしっかり食べなきゃだめ」なんて誰が 言い出したんでしょうか。第一、根拠は。
次の食事まで持つだけのエネルギーをとるんでしょ。だったら、3回の食事で一番少なくていいじゃない。
筋肉が落ちないようにタンパク質は十分とること。 筋力を保持するだけなら、運動は3日に1回で上等。
あんまりカロリー制限をしすぎすると、ビタミンほか必要な栄養素を欠乏しないようにする食事を組み立てるのが
しんどいです。それいじょうに、ひもじいです。仕事になりません。ほどほどに。

リバウンド
食事制限型の場合は、ダイエット後は(体重を維持するための量まで)食事の量を増やせるので、わりと楽です。
運動型の場合は、(もしその食事量で太っていたのなら)、結局食事の量をへらさないと、運動やめたら
元の体重にもどってしまいます。(あたりまえ)。
結局、ダイエット後に食事を減らすことになるので、楽じゃないと思うんだけど。

まとめ
・痩せることは、食生活を変えること。長期間の間に、その食生活とつりあう体重に自動的になります。
・ずっとその体重でいようと思ったら、その体重と"つりあう"カロリーの食事でずっと満足できる必要がある。
・毎日何時間も運動できる人は別ですが、運動なんかじゃ、そう簡単に痩せません。野菜と果物を食べよう。
・運動は健康のため、ダイエットとは別と割り切ろう。