読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッテリ復活の呪文

久しぶりのマッドサイエンティストネタです。

(私的には、この程度ならそれほどマッドな内容じゃないんですが、
この手のネタについては、内容について保障はしません。もしされる方がいましたら、
あくまで、自己責任でお願いします。)・・・と、いちおうお断りを入れておく。

親父が使っているノートパソコンのバッテリがおかしいらしいと連絡があった。
いくら充電しても、バッテリの充電量が0%のままで、ACアダプタを抜いたら即電源が
落ちてしまうらしい。それじゃあ、ノートパソコンの価値半減だなあ。

以前の親父の使っているノートパソコンがあまりにも遅く、しかもWindows98なので、
誕生日に中古のWindows XPのノートパソコンを買ってあげたのだが、
やはり中古。うーん。きっとバッテリが死んでるんだろうなあ。

ということで、型番をもとに、オークションとか中古を探してみる。
高いよー。8000円くらいする。しかたない。直してみるか。

ということで、実家に寄って、バッテリユニットを回収してきた。

イメージ 1

 

取り合えず、ばらす。イメージ 2

一般的にバッテリはなぜだか、ネジとかぜんぜんつかってなくて、接着で
バリバリに固めてあるので、結構大変。
ケースはそのまま再利用するので、できるだけきれいにばらさないといけないのだが、
コツがいる。

で、使っているバッテリのセルを確認する。イメージ 3

 

リチウムイオンの「18650」

ふふふ、予想通りですな。

イメージ 4
いけそうなので、全部バラす。

 

 

なんとか、バラしが完了。


と、いうわけで、ジャンク品とか扱っている。
秋月電子通商で、バッテリを購入。きっとビデオのバッテリか何かの
保守用在庫の放出品なんだろうな。価格は1個300円。

今回は、8セルなので、4個でいいのだが、まあ、一応予備も買っておく。

買ったのはこれ。

イメージ 5

 

通販なので、しばらくして、商品が届く。田舎だと送料が余計にかかるので、
あまりうれしくないのだが、2000~3000円までならまあよしとするか。
(失敗すると、パーになってしまうので、結構リスキー。いや、このドキドキ感がいいですな)

この手の民生品は、これでもかー、という感じで、ほんとにがちがちに固めてあるので大嫌い。

糸鋸を用意して始めてみたものの、なんだかなー。

 

 

イメージ 6

 

前にもやったことがあるのだが、これがしんどい、しかもこれで4個もやってられない。
もっといい手はないものか。

で、今回使うのはこれ、

イメージ 7

半田ゴテ。精密IC用の先のすごく細いやつです。

これで、電池を溶かさないように、微妙な深さで溶かしていく。

イメージ 8

何とか一周完了。
糸鋸でやるのに比べたら、一瞬ですな。イメージ 9

で、とりあえず、先の平べったいものを溝に入れてこじる。

イメージ 10

 

「ぱかっ」という感じで取れました。簡単ーーーー。

イメージ 11

煙とか出て、部屋中くさくなるのを覚悟していたんですが、
意外と煙もなく、
窓を開けなくても大丈夫な程度。今度からはこれやね。

あとは同じ様に4個バラす。で、途中で明らかに腐ったやつが出てきました。

 

イメージ 12

ジャンク品は文句がいえないので、予備を買っておいて正解だったねぇ。

で、バラし終了。イメージ 13

それを、いままでつないでいたバッテリのセルと交換。

あっ、途中の写真を撮るのを忘れてました。

 

イメージ 14

一般的に電池同士の接続は、鉄(たぶんステンレス)の板を電気溶接してます。
電池の電極の部分も、同じような材質なので、そのままでは半田付けできません。
で、ステンレス用のフラックスを使って、銅線をつなぐのですが、温度上げすぎる
とやばいので、一瞬で半田付けする必要があります。結構難しいです。

ケースに入れて、横からみるとこんな感じ。周りに転がっているのが、古いセル。イメージ 15

交換したセルの鉄板の部分も出来るだけそのまま利用してますが、足りない分は銅線で
補います。

で、元通り覆って。

イメージ 16

バッテリユニット修復完了。

イメージ 17

 

ノートパソコンに組み込んで、試してみます。
最初は、バッテリの充電確認ウィンドウでは、0%、バッテリ消耗。の状態ですが。
しばらく置いておくと、バッテリ消耗の文字が消えました。

 

イメージ 18

 

で、もうしばらく待っていると、%表示がどんどんあがっていきます。

イメージ 19

最終的には100%になりました。

 

めでたし。めでたし。

今は、親父のところに戻って使っていますが、問題なく使えているようです。